Latest Entries

ネットワーク通信23

ネットワーク通信23は執筆者のご希望により会員限定のメルマガのみでお送り致しました。

千葉資料ネットへ参加ご希望の方は「参加を希望される方へ」をご覧ください。どうぞ宜しくお願いいたします。

古文書修補・研修日記120

3枚の継ぎ紙でできている状モノ資料の修補をしています。
継ぎ目が剥離している状態だったので、1枚ずつクリーニングをしました。紙がしっかりしており、鉄炮穴状態の虫損がほとんどだったため、1枚ずつ虫損直しをした後、継ぎ目を繋いでいく作業となります。

1枚ずつ虫損直しをし、その都度皺伸ばしをし、その間に次の本紙の虫損直しをする…それを繰り返して1枚ずつ完成させたあと、接合作業に入ります。
糊代部分が2ミリくらいの狭さでしたが、少し固めの糊でしっかり糊付けし、しっかり重しをして、しっかり乾燥させました。
もともとの折れ線がかなりしっかりついていたので、完成品はぴったりまっすぐ…というわけにはいきませんでしたが、仕上がりはまずまずだと思います。
虫損直し
裏打ち紙を貼ると、「本紙は切っていない」ことを示すため、裏打ち紙を本紙より若干大きめに(1ミリ程度)裁断しますが、虫損直しだと、本紙そのもので完成するので、現物の感じがそのまま残せると思います。

けれど、いくら紙がしっかりしていても、虫損直しが多いと、直した部分の周辺に厚みが出る=皺がよりやすくなるため、皺伸ばしに苦労します。正直なところ、きれいに伸ばすことはかなり難しいです。

本紙の状態をできるだけ活かして修補したい。
でも、仕上がりがあまりにシワシワでは…。
虫損してみて、思いのほか皺が伸びないと、裏打ち紙を貼ることもあります。和紙の仕上がりを想像することも重要です。

次回の修補は、2月21日の予定です。70㎝くらいの長い史料と、虫損の多い史料を預かっています。

〈研修日:2018/01/31 後藤恵菜〉

古文書修補・研修日記119

新しい史料(継ぎ目のある状モノ)に入りました。
年末から合間をぬってクリーニングなどをしていたので、今日は虫損直しをして、継ぎ目を継いで、乾燥させたら完成…という段取りです(前回のブログでは状4枚の継ぎ紙と書きましたが、5枚の誤りです)。

紙の状態が良く、大きな欠損もないので、「虫損直し」のみの作業にしようと思います。継ぎ目に「継ぎ目印」がたっぷり押してあるのも「虫損直し」にする理由の一つです。裏打ち紙を貼ってしまうと、「継ぎ目印」の部分の裏打ち紙をはぎ取る手間が入ります。

糊代部分が少ないので、少し固めの固糊で継ぎます。裏に継ぎ目印があるので、継ぎ目部分に糊代用の「足し紙」ができません。紙を継いだあと、もし穴が開いてしまうようであれば、本紙の表・裏に関わらず白紙(文字のない部分)に少しずつ和紙の繊維をかぶせていくようにして、穴を埋めていきます。
継ぎ目

5紙を継ぐと、とても長い状になりました。約2メートル。
けれど、前回苦戦した虫損史料に比べると、かかった時間も出来上がりもまずまず…かと思います。
完成

次の史料も3紙を継いだ状モノです。こちらも虫損直しのみで仕上げられそうです。
次回は1月31日(水)の予定です。

〈研修日:2018/01/17 後藤恵菜〉

古文書修補・研修日記118

新年を迎えました。今年も研修に励みたいと思います。

昨年から年越ししてしまった、虫損の酷い史料(写真左↓)。余分な裏打ち紙を裁断し、今日で完成です(写真右↓)。
虫損大(縮小)
2枚の状をつないだ史料は、最終的に70㎝強×33㎝ほどの大きさになりました。
紙はしっかりしていましたが、虫損が多かったので裏打ち紙を貼りました。
1枚目は天地(上下)に足し紙をしてから裏打ち、2枚目は地(下)のみ足し紙をしたのですが、繋いでみると、2枚目の足し紙を足さなかった上部分がちょっと不自然でした。
今からでも足し紙をしたほうがいいか先生に相談したところ、史料の直角を気にせず、本紙ぎりぎりのところで裁断すれば目立たないからよい、ということで、足し紙はせず裁断することにしました。

足し紙は、冊モノや巻子などの場合には全体のバランスなどからすべての紙の天地に足し紙をしたほうがいいとのことですが、一紙モノの場合は、本紙に応じて裏打ち紙を裁断したほうが見栄えがいいそうです。

新しい史料は、4枚に剥離した状モノです。
4紙を繋いで一紙にしますが、紙がしっかりしており、虫損も少ないので、しっかりクリーニングをして虫損直しのみで対応しようと思います。天地の足し紙も不要の感じです。

〈研修日:2018/01/10 後藤恵菜〉

古文書修補・研修日記117

今年最後の修補です。
手こずっていた虫損史料の完成を目指していたのですが(タイミング的には出来たのですが)、朝から「和本作り」をすることになり、修補史料の完成は年越しとなりました。

年明けに、市民を対象にした「和本作り」講座があります。
修補スタッフの方が助手としてお手伝いされるので、この講座の前には、修補スタッフ全員がおさらいのため、和本を1冊作る機会をいただけます。
私にもその機会をいただいたので、一日がかりで和本作りをさせていただきました。

午後から参加されたスタッフさんは、これまでの経験があるとはいえ、やはり手際よく半日で和本を完成させていきます。
私は手書きのノートをみながら、背表紙に貼る角裂(かどぎれ)の位置や、仮止めをする位置、縫い位置の確認に、尺貫法の数字とにらめっこしながら、取り組みました。

和本作りは毎年1回、体験させていただいたので、少なくとも今回で4冊目くらいにはなるはずですが、先にあげた角裂や仮止め、縫い位置の決め方がなかなか理解できずにいました。
完成品をみると、やはり縫い位置が少し曲がっている…それは、先生が何度も説明してくれた「表紙が本紙より少し大きくなる分を計算に入れる」ことが理解できていないからなのかもしれません。でも、前回よりはもう少し要領よく、和本作りができました。
和本・縮小
年明けに、年越しの史料を完成させ、中途になっている虫損直し史料の作業を進めます。

このブログを、このままこの形で続けることに意味があるか、もう少し(もっと)改良の余地があるのではないか、よく考えながら、来年も修補の研修が続けられたらいいなぁと思っています。

来年は1月10日(水)から始まります。

〈研修日:2017/12/20 後藤恵菜〉

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR