Entries

古文書修補・研修日記81

朝から、ひたすら虫損直しをしました。手元にある資料は3点。そのうち1点は、余分な裏打ち紙を裁断し、最終的なサイズ(完成版のサイズ)を調査票に記入したら終了なので、とにかく虫損直しを進めました。虫損直しをしたあと、糊を乾かし、「皺伸ばし」をし、はみ出した直し紙を裁断する。乾燥の時間を考慮しながら、作業の段取りをしましたが、2点目の虫損が思いのほか多く、細かく、思うように進みませんでした。虫損直しが多...

古文書修補・研修日記80

2週間ぶりの修補です。この間、石巻市からお預かりしている被災資料5冊のうち、4冊までの写真撮影・調査書の作成・資料の解体・1丁ごとのナンバリング作業と、必要な裏打ち紙の裁断が終了していました。各スタッフさんは、手持ちの修補資料が終了次第、順次、被災資料の修補作業に移行しています。…私は目測を誤り、手元に継続中の3点の資料を持っていたため、今日と次回でなんとかそれを終えることが先決となりました。被災...

ネットワーク通信16

ネットワーク通信16は執筆者の希望により会員限定のメルマガのみでお送り致しました。...

古文書修補・研修日記79

白井市郷土資料館・古文書修補スタッフの皆さんは、横山先生指導の下、今日から通常の修補作業と平行して、先の東日本大震災で宮城県石巻市から救出された被災資料(和本)の修補作業にあたることになりました。宮城史料ネットからの修補依頼を引き受けたのです。あの震災から5年が過ぎましたが、まだまだ被災資料が大量に残されているのです。白井市がお預かりした資料は版本5点です。今日は、概要写真を撮り、1点ずつ調査書を...

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR