Entries

古文書修補・研修日記75

午前中に、横冊残り4枚分の裏打ち作業を済ませました。
午後からは、新しい資料(継紙の状モノ)2点をお預かりし、調査をしました。

今日は、和紙の縦・横の見分け方を記録しておきたいと思います。

紙には繊維の向きによって縦と横があります
機械漉きでも、原理は同じです。

手漉き和紙は、細く割った竹などを横軸に、それを糸でつないだ簾(す)のうえで、水に溶いた紙の原料(楮などの繊維)を薄くのばして作ります。
そのとき、竹軸の位置を横向きにし、それを縦方向(上下)に動かして、原料を広げていきます。簾を横に動かすと、原料が隙間から落ちてしまうので、竹軸に対して直角に動かすのです。

その和紙を乾燥させると写真のような跡がつきます(写真↓)
紙の縦横・縮小
白い矢印は、糸の跡、赤い矢印は竹軸の跡です(矢印はわかりやすい跡につけていますが、実際には和紙全面に縦横の跡がついています。当然ながら、竹の跡のほうが細かく入っています)。

和紙は、通常、縦紙(繊維が縦方向)を使いますが、裁断の方法によって、横紙になることもあります。それが「半紙」などです。
半紙は、本来の一枚物の和紙を半分に切って使うので、繊維の向きが変わるのです。

機械漉きの紙でも縦・横があります。
ロール状で売っているものは、紙の端を上にしたとき(ロールが下にくる)、縦紙になっています。

裏打ち紙にも縦横があるので、本来であれば、本紙にあわせて縦横の向きを合わせたほうがいいそうです。とくに巻物や冊子などの場合、本紙と裏打ち紙の縦横が違うと、繊維の方向が異なるので紙全体が固くなり、扱いにくくなります。
ただ、一紙ものの状の場合は、あまり影響はないそうです。

虫損直しをするときも、小さい穴ならほとんど影響はありませんが、大きな穴を直すときは、本紙の紙の向きと直し紙の繊維の向きを合わせた方が、折ったり巻いたりしたとき、抵抗が少ないのです。これはなかなか難しいのですが…。逆に、紙を丈夫にしたいときは、わざと繊維の向きが違う紙を当てることもあります。

紙一枚にも、使い方に奥深さがあります。

〈研修日:2016/06/29 後藤恵菜〉
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/181-b3ebf78c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR