Entries

古文書修補・研修日記96

2週間あいてしまった修補作業は、前回終わらなかった新資料の調査(開披)作業から始まりました。
下の写真のような資料に取り組んでいます。
DSC00916_20170325004612d0f.jpg

資料調査あるいは古文書の目録採りをした経験のある方なら、この資料は「虫損甚大につき不開」として、現状のまま静かに封筒に戻す類いのものではないかと思います。

資料館の試みとして、このような「不開」扱いとなっていた資料を、あえて修補してみる、ということになり、今、多くのスタッフの方が大なり小なり似たような資料に取り組んでいます。

できるだけ大きなパーツが残るように開披作業を進めていますが、紙は非常に弱っていて、ぽろぽろ崩れてしまいます。
これらの資料に関しては、あえて避けてきた「ふのり」を使うことにしました。

横山先生に改めて「ふのり」を使う効能と手順について説明していただきましたが、今日も資料の開披(ほとんど解体)作業に終始してしまい、「ふのり」を使う作業は来週の朝から一日がかりで…ということにしたので、詳細は次回の研修日記でまとめて書きたいと思います。

〈研修日:2017/03/22 後藤恵菜〉
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/209-b3119492

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR