Entries

古文書修補・研修日記101

白井市役所建て替え工事に伴い、GW明けから、古文書修補作業室が一時引っ越しすることになりました。
これから約1年間、仮の作業スペース(写真左↓)で作業を続けます。丸々1年間作業をお休みにしてしまうことにより技術が衰えてしまうことを危惧した結果の、苦肉の策です。
今まで、一人1台の長机を占領して作業してきましたが、しばらくは4台の長机をみんなで利用していきます。使う道具も別室で保管し、必要に応じて持ち運びして使います。

今日は私を含め、午前中の参加者が4名でした(横山先生を除く)。机は4台あっても、共有の道具を置くスペースが必要だったり、明かりの位置があったり…試行錯誤が続きます。今まで使っていた道具がどこにしまってあるのか、探し出すのも一苦労です。

それでも、個々に工夫しながら、譲り合いながら、相談しながら、作業を続けて行きます。
全員が同時に作業するのは難しいので、日程も調整することになると思いますが、参加できるときはより一層集中して、作業に取り組みたいと思います。
仮作業場所

今日は、前回下半分が欠損した資料の虫損直しをしたのですが、出来上がりが今ひとつ(皺の伸び具合など)だったので、全体に裏打ちをすることにしました。
現在乾燥中ですが、虫損直しだけよりも、皺はきれいに伸び、出来上がりもいいように思います。
乾燥が終わったら、裁断して終了の予定です。

その間に、新しい資料に取り組みました(新しい環境にバタバタして、最初の現状写真を取り忘れてしまいました…)。

新しい資料は、1枚の状モノ両面に文字が書かれています。どちらも下書きか控えのようですが、文面がかなり長文で書かれているなかに、虫損もそれなりにあります。
クリーニングをして乾燥させていますが、両面に文字があるので、裏打ちはせず、両面から少しずつ虫損を埋めていく作業になると思います。

次回は5月31日の予定です。

〈研修日:2017/05/17 後藤恵菜〉
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/216-4990f6d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR