Entries

古文書修補・研修日記106

小口部分が大きく欠損した竪冊資料の完成を目指します。

裏打ちの終わった資料を、1枚ずつ裁断します。
本紙を1枚ずつ折ったら、1枚ずつ「地」を本紙ぎりぎりのところで裁断します。
そのあと、全枚数の縦横の計測をして最大値を出し、その最大値に1ミリを加えた長さで、裏打ち紙の余分な天・左右を裁断します。

4枚の本紙を揃えたら(写真↓)
DSC03633 - コピー
調査票を元に、こよりが結んであったところに穴を開け、2枚ずつこよりを通して結びます。
この資料は状2枚ずつで出来た2点の竪冊(写真左↓)を、さらにこよりで綴ってありました。

本紙の並び方があっているか、事前に撮影した画像で順番を確認したら、(職員さんの最終チェックを受け)こよりを裁断して完成となります(写真右↓)。
DSC03634 - コピー
久しぶりにこよりを3本作り、手がつりそうになりました。

新しい資料は、朱と藍色のインクでかかれた明治時代の冊モノと、紙が弱っている状モノの2点です。
冊モノは色落ちが確認できたので、事前に色落ちを止めるスプレーをしてからクリーニングしました。

次回(8月9日の予定)から新しい資料に本格的に取りかかります。

〈研修日:2017/07/19 後藤恵菜〉
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/221-3336cff0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR