Entries

第2回学習会:古文書修補(2012年12月9日)参加者のアンケート報告

 大変遅くなりましたが、昨年末に行った「古文書修補」に参加してくださった方からいただいたアンケートの内容を、簡単にご紹介します。アンケートの内容をML・ブログ等で公開することについて事前に了承を得ておりませんでしたが、貴重なご意見をいただきましたので、名前を伏せ、箇条書きにしてご紹介させていただきます。今後は、アンケート用紙に「ML・ブログ等に掲載させていただくこと」を注記したうえで、アンケートにご協力いただくようにいたします。
 また、今回貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。みなさんの意見を参考に、よりよい活動を目指して、運営委員会でも検討を重ねていきたいと思います。よろしくお願いいたします。  (後藤)

〔今回の活動内容についての感想、活動への要望〕
・刷毛や糊の扱い方など、本ではなかなかわからないことを沢山教わった。
・体が覚えるのが大変なので、また参加したい。
・職場の古文書の保存もがんばっていきたい。
・職場の古文書を大切にしたい。
・専門的な内容でありながら、実践的でわかりやすかった。さらに詳しく知り、生かせるようにできればと思う。
・修補は機会があればやってみたいと思っていた。古文書解読と同様、根気のいる作業だと実感した。また参加したい。
・とても充実した実技講習だった。今後の資料、古文書の取扱にも役立ちそう。
・面白かった。マスターするには練習が不可欠で、一日だけ(の実習)で済むものではないと思った。
・実際に職場で練習することが難しい。道具を購入するにも予算がない。今後練習するためにも、道具を一括購入したときに、必要分だけ購入させてほしい。
・講習を生かし、紙ちぎりの練習をしたいと思う。
・貴重な経験だった。今後、職場でも少し体験ができればと思う。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/34-02561d4d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR