Entries

2月28日県立中央博物館にて公開シンポ(広報)

千葉県立中央博物館にて、次のシンポジウムが開催されます。
詳細はこちらをご覧下さい。


 博物館資料はなぜ救済されなければならないのか?-東日本大震災の教訓-

【日  時】
  平成25年2月28日(木)13:00〜16:00(受付12:30〜)

【会  場】
  千葉県立中央博物館 講堂

【定  員】
  200名(当日先着順) 入場は無料です

【内  容】

講演1「震災における博物館の被害と復旧の現状 被災現場の事例」
      (岩手県陸前高田市立博物館 主任学芸員 熊谷 賢)
講演2「博物館資料を救済する体制づくり、現状と課題」
           (岩手県立博物館 学芸部長 大石 雅之)
講演3「資料救済について、福島で今何が問題となてっているのか」
           (福島県立博物館 学芸員 竹谷 陽二郎)
総合討論「博物館資料救済の合意形成にむけて」 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/tb.php/37-8f35221e

トラックバック

[T14] 2/28千葉県シンポ「博物館資料はなぜ救済されなければならないのか?」開催のお知らせ

千葉歴史・自然資料救済ネットワークよりのお知らせです。 2月28日に以下の要領で、公開シンポジウム「博物館資料はなぜ救済されなければならないか―東日本大震災の教訓―」が開催

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR