Entries

古文書修補・研修日記116

四苦八苦した虫損史料ですが、最終判断として、「裏打ち」をすることにしました。
裏打ち紙を貼るにあたって、失敗しました(T_T)

裏打ちをする前に、継ぎ紙の2枚目、下の欠損部分に足し紙をし、本紙2枚を繋ぎ、乾燥させました。
そのあと、裏打ちをするため本紙全体に湿りを与えるます。ポリエステルで本紙をサンドし、刷毛で水気を加えたのですが、これが大失敗…。

ポリエステル紙の性質は、水で濡らしても紙は伸びないこと。その反対に、和紙は伸びます。
これがクリーニングなら、手順としては間違っていないのですが、虫損直しした後の和紙の場合、虫損直しした部分が多少なりとも厚くなっているので、水の吸水=紙の伸び方に差が生じます。伸びないポリエステルと、伸びようとする和紙と、和紙のなかでも伸び方に時間差がある部分…ポリエステルの間で和紙が波打ってしまいました。
ポリエステルを剥がしてやり直そうとしても、継ぎ目の部分が剥がれかけたり、虫損直しした部分が剥がれかけたり、本紙そもそもが歪んでしまったり…。

結局、見るに見かねた先生が、見事なお手前で、本紙の皺を直し、継ぎ目を直し、なんとか形にしてくださいました。

乾燥した状態の本紙に裏打ちする場合は、虫損直しの皺伸ばしと同じ要領で水分を入れる必要があることがわかりました。
つまり、和紙の上から直接、まずは虫損直し(もしくは継ぎ目)から刷毛で軽い湿りを加える。時々本紙を持ち上げ、本紙全体に湿りが伝わるように、軽くゆするようにしながら水気を広げる。その作業を少しずつ繰り返しながら、最終的に全体に水分が届くようにする手順が必要なのでした。

大変遠回りしましたが、先生のおかげでなんとか本紙の本体は維持でき、私自身、大いに勉強させていただきました。
写真左が裏打ちした状態の史料です。右は、裏に継ぎ目印があるため、その部分だけ裏打ち紙を剥がした状態です。
縮小

次回、余分な裏打ち紙を裁断して終了です。なんとか年内にけりをつけることができそうです。

〈研修日:2017/12/06 後藤恵菜〉

古文書修補・研修日記115

虫損の多い資料に当たったとはいえ、ちょっと時間がかかりすぎていることを、大いに反省しています。
今朝から、私と同じように虫損の多い資料にとりかかった方は、端から黙々と虫損を埋める作業を続け、夕方にはほぼメドがついていました…。その資料にも裏に継ぎ目印があり、また和紙が厚めでしっかりしていたので、裏打ちはせず虫損直しのみで仕上げるとのことです。
私が手がけてきた資料は、下が一部欠損しているため足し紙が必要で、見栄えのこともあり裏打ちをするつもりでいますが、虫損直しの仕上がり次第では、このまま終了でいったほうがいいのだろうか、と思案しています。
本紙が厚め(0.1ミリ)なので、虫損を直した箇所が思いのほかつってしまいます。
今日の夕方、ようやく一通りの虫損直しが終わったので、しっかり皺伸ばしをしようと、かなり水気を含ませて乾燥させています。
次回は皺の伸び具合がよければ継紙の2枚目に足し紙をし、本紙を継いでから、そのまま完成とするか、裏打ちをするか考えたいと思います。

なお、虫損直しした箇所にちょっと厚みが出てしまった場合は、その箇所にポリエステル紙などをあて、木槌などで叩くといいそうです。和紙は適度に穴にはまり込んでくれるそうです。和紙の柔軟さ、扱いやすさがわかります。

次回は12月6日(水)の予定です。

〈研修日:2017/11/29 後藤恵菜〉

古文書修補・研修日記114

今日も朝から「虫損直し」です。取りかかりから丸三日…。

「虫損直し」の注意事項を、改めて先生に教えていただきました。
○足し紙は最後にする
  最初に足し紙をしてしまうと、糊を使った部分が乾燥するときに縮むので、本紙全体に歪みが生じてしまうため。
○(足し紙以外の)大きい虫損から直す
○糊を使った部分は乾燥すると縮むので、本紙の半分にビニルシート(プラスチックシート)などを乗せ、乾燥を防ぐようにするとよい
○虫損が多いときは、時々本紙に湿りを加え、皺伸ばしをするとよい
○厚い「直し紙」を使うとき(手で裂いて使うときなど)は、湿らせたタオルなどに「直し紙」をはさんで、少し湿りを加えると裂きやすくなる

今回私が直している史料は2枚に分裂している状態なので、虫損を直した跡がつってしまうときには「皺伸ばし」をし、その間にもう1枚の直しをするように、少し変化をつけながら作業を進めています。
できるだけ印刀を使うようにしています。かなり時間がかかっていますが、なんとか印刀のコツを覚えるように、試し試し、「直し紙」の切れ方を確認しながら穴を埋めています。
このまま虫損直しがうまくいけば、裏打ち紙を貼らずに終了させてもいいかもしれません。

次回は11月29日(水)の予定です。
〈研修日:2017/11/15 後藤恵菜〉

いずれにしても、年内には仕上げたいと思っています。

ネットワーク通信22:取手市教育委員会埋蔵文化財センター 神谷彩季さん

こんにちは。千葉資料ネットの一牛です。気がつけば11月。今年も残り二月となりました。いかがお過ごしでしょうか。

さて、この「ネットワーク通信」は会員相互の交流をはかり、また、資料ネットを広く世間の方に知ってもらうために行うもので、会員が交代で簡単な文章をブログ・ML上に発信し、それをリレー形式でつなげていこうというものです。
第22回目のリレー走者は、取手市教育委員会埋蔵文化財センターの神谷彩季さんです。よろしくお願いいたします!

---------
ネットワーク通信22
---------

 取手市教育委員会埋蔵文化財センター学芸員の神谷 彩季(かみや さき)と申します。今後ともよろしくお願い申し上げます。
簡単な自己紹介ですが、私は神奈川県の出身で、平成29年に立正大学大学院文学研究科を修了しました。大学・大学院では日本近代史を専攻し、千葉県の地租改正をテーマに修士論文を執筆しました。大学院修了後、現在は取手市教育委員会埋蔵文化財センターで学芸員として勤務しております。

○現在の勤務先である取手市について
 取手市は中近世期には下総国に属しておりましたが、現在は茨城県に属しており、利根川を挟み千葉県我孫子市と隣接しています。市の名前は古くに城郭があって「砦」といったのが由来だそうです。中世期には相馬御厨の地で、相馬氏の支配がなされていました。なお、平将門伝説が市内には多くあり、将門の愛妾桔梗御前の墓とされていたりする史跡や、将門の墓と言われていた大日山古墳(実際には古墳時代の古墳ですが)があります。
近世期には水戸街道の宿場として栄え、現在も取手宿本陣の建物が残っています。また、河岸場もあり、利根川水運の要地でもありました。近世期には取手は市内全域が一家の知行ではなく、佐倉藩領、旗本領、寺社領などがあります。
明治期に入ると、取手市域は明治4年に印旛県、明治6年まで千葉県に属しましたが、明治8年には茨城県に編入されました。取手市、昭和45年に市政が施行され、昭和40年代から昭和50年代にかけ東京都心のベットタウンとして開発され、平成17年に隣接している藤代町と合併し現在に至ります。

○近況報告
 4月に就職し、現在取手宿本陣の管理などを行っています。取手宿本陣は水戸徳川家に本陣に指定され、水戸街道を通る大名や高位の武士たちに利用されました。この取手宿本陣の敷地のなかには、徳川斉昭が詠んだ歌の歌碑があります。この歌碑は斉昭が我孫子から取手に向かう途中に舟中で詠んだ歌で、江戸で石に刻まれ、取手宿本陣に運ばれたものです。また、明治期に入ると郵便取扱所に一時なったようで、明治初年の郵便窓口が現存しています。この取手宿本陣昭和62年に市指定史跡になり、平成8年に県指定文化財になりました。通常金曜日から日曜日まで一般公開を行っています。さて、11月の文化財保護強調週間中の11月3日―5日にかけ、付近にある長禅寺三世堂の特別公開に併せ、本陣でも本陣解説のガイドツアーを行ったり、特別講演を行うなどを企画しています。取手市の歴史自体もですが本陣についても勉強することがいっぱいありますが、これからも着実に学んでいきたいとおもいます。

-----------------------

神谷さん、ありがとうございました!
次回のネットワーク通信は八街市郷土資料館の德永暁さんです!どうぞよろしくお願い致します!

ネットワーク通信についてのお問合先(at)→@
gyuyuka(at)gmail.com

資料ネット会員申込・その他のお問合先(at)→@
chibasiryounet(at)gmail.com

古文書修補・研修日記113

前回からちょっと間が空きました。

今日は、前々回から作業を始めた「虫損甚大」の状モノ史料の虫損直しです。
すでに1度紹介済ですが、修補前の状態は以下のような感じでした(↓)。前回、クリーニングが終わりました。
虫損大(縮小)

2枚の継紙で、現状では剥離しています。1枚ずつクリーニングをし、1枚ずつ、乾燥した状態で「虫損直し」をします。
裏打ちする予定ですが、仕上がりをきれいにするため「剥離した2枚の状を継いだあと虫損直しをして、一気に裏打ち紙を1枚で仕上げる」…というスピードが求められる作業に自信がなかったので、「1枚ずつ虫損直し→皺伸ばし→接合→裏打ち」…という手順をとることにしました。

1枚目(右側の状)からレーヨン紙をはずし、地の部分がかなり欠損しているので、「足し紙」をしました(2枚目にも「足し紙」をします)。それから「虫損直し」を始めましたが、一日やってまだ終わりません。

下の写真は、状の2枚目はまだレーヨン紙をつけたままで、2枚を繋ぐとこんな感じ…という出来上がりイメージです。1枚目は今日一日虫損直しをした後なので、比較的良くみえるかもしれませんが、まだまだ虫損がたくさんあります。
クリーニング後
「虫損直し」なので、印刀を使って作業したほうが楽なのですが、大きい虫損や細長い虫損には、まだ印刀がうまく使いこなせないので、手でちぎって作業しています。この状は紙の厚みが0.11ミリあり、通常よりやや厚めです。横山先生のお話では、こういう厚い紙のときこそ、印刀が威力を発揮するのだそうです(小さい穴を埋めるのに、厚い直し紙はちぎるのが大変なので)。
大きい虫損直しが終わったら、鉄炮穴には印刀を使いたいと思います。
なお、本紙が厚いせいか、虫損直しをした跡がいつも以上に「ひきつれ」たような感じになってしまいます。皺伸ばしをしっかりしなければいけないようです。

次回は11月15日(水)の予定です。

〈研修日:2017/11/08 後藤恵菜〉

Appendix

プロフィール

千葉資料救済ネット

Author:千葉資料救済ネット
本ネットは、災害などによって
歴史・文化・自然資料への悪影
響が県内で起こった時に、資料
救済活動をスムースに推進する
ために結成されました。
歴史・文化・自然資料に興味・
関心を持つ人々の連携を推進す
ることによって、有効な救済活
動を実現することを目的として
います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR